結婚式後のウェディングブーケを活用する6つの方法☆

大好きなお花で作ってもらった高額なウェディングブーケ。結婚式後どうするか考えられた事はありますか?

結婚式後もアフターブーケとして加工してずっと手元に残して置きたい、と願う花嫁さまもたくさんいます。ただその際には、結婚式当日か遅くとも次の日の新鮮なお花でなければ、せっかくの豪華なブーケも綺麗に加工する事が出来ません。

結婚式が終わった後ブーケをどうするか、という事も事前に考えて準備をしておくと、後で後悔したり失敗する事なく上手に出来ます!そこで今回は、「アフターブーケ」として加工する方法を中心に、ウェディングブーケを活用する6つの方法をまとめました☆

 

1.大切な友人にプレゼントする。


結婚式の一つの演出として大切な友人にプレゼントしたり、ブーケトスに利用したり、結婚式後にそっと友人にプレゼントしたり。ウェディングブーケを貰ったお友達はきっと喜んでくれるはずです!

結婚式後のウェディングブーケを活用する6つの方法☆

出典:https://www.easyweddings.com.au/

 

2.プリザーブドフラワーにする。


結婚式が終わった直後か次の日に、まだ元気でフレッシュな花をプリザーブドフラワーにしてもらうのも素敵です。

メリットとしては、色が鮮やかに残る、立体的にオリジナルのものにかなり近いものを残す事が出来ることです。式場で取り扱ってくれるところもありますし、結婚式直後に式場から専用の箱で郵送し取り扱ってくれるお店もあります。ただ費用がかなり高くなってしまうのがデメリットです。

出典:http://www.theflowerpreservationstudio.co.uk/

 

3.ドライフラワーにする。


こちらもプリザーブドフラワー同様、加工店に依頼することをオススメします。ご自身で挑戦されてみても良いのですが、色が上手に残らなかったりと失敗することも多々。どうしても綺麗に残したい方は、専用業者にお願いすると良いでしょう。

プリザーブドフラワーのような水々しさはありませんが、アンティーク調が好きな方にはピッタリな色合いになります☺

出典:https://www.etsy.com/

 

4.押し花にする。


押し花は私も一番好きな方法です。自分でも自宅で簡単に作る事が出来ます。ただこちらも花がフレッシュなうちにやらないと色が褪せてしまいますので、結婚式後すぐにハネムーンに行かれる方や、家から遠くの場所で式をされた場合は加工店に依頼することをオススメします。

出典:https://kinarino.jp/

ドライフラワーでブーケを再現したものをフレームに入れて作ってもらうのも一つの方法ですが、ブーケの花で作ったドライフラワーを使って、色々なお洒落グッズを作ることも♡

ドライフラワー入りのフォンケース、キーホルダー、アクセサリーなどにしていつも身につけていられるものから、キャンドルや壁掛けなど家に飾れるもの、サンキューカードやしおりなど活用出来るものなど種類は豊富です♪

出典:https://www.pinterest.jp/

 

5.結婚式に参加出来なかった遺族に捧げる。


海外では、祖父母など他界されて結婚式に参加してもらう事が出来なかった遺族のお墓に、結婚の報告を兼ねながらお花を添えるという花嫁さまもいるようです。

 

6.挿し木などにして楽しむ。


紫陽花や多肉植物など発根しやすい植物は、挿し木をしてお庭や鉢植えでプラントとして楽しむ事が出来ます。これならずっと思い出の花を楽しむ事が出来ますし、どんどん増やしてご家族にプレゼントすることも出来ます♡

出典:http://fdezakka.com/

 

この記事が気に入ったら
Like お願いします♡

フォローする|Follow on Twitter
No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>