結婚式カメラマン・フォトグラファー選ぶコツ7選|写真撮影アイデア

結婚式カメラマン ウェディングフォトグラファー 写真撮影 

どうやって「ウェディングフォトグラファー(結婚式カメラマン)」を探して決めたらいいの?と思われたことはありませんか?結婚式のフォトグラファーを決めるのは、ウェディングドレスを決めるのと同じ位とっても重要な事です。

以前の日本の結婚式では、結婚式場専属のフォトグラファー(カメラマン)の中から選んでお願いすることが通常だったと思います。

でも今では、自分の好きな外注フォトグラファーを見つけて、結婚式場に”持ち込み”する花嫁さまが増えていますよね!

結婚式カメラマン ウェディングフォトグラファー 写真撮影 
Photography: Jada Poon Photography

フォトグラファー探しは、ウェディングドレス探しと同じくらい、とっても大切な決め事の一つです。なぜなら、どんなに豪華なドレスやジュエリーを身に纏って完璧に仕上げても、写真がボケていたりごちゃごちゃしていたら、残念ながら美しく残す事が出来ないからです。

逆に才能あるフォトグラファーなら、どんなに安いドレスやジュエリーを身につけていても、ロマンチックに美しく撮り上げてくれるもの。

そこで今日は、フォトグラファーを選ぶ際に抑えておきたいコツ7点をまとめました♡ フォトグラファー探しの際に、ぜひ写真撮影アイデアとして参考にされてみて下さいね。

結婚式カメラマン ウェディングフォトグラファー 写真撮影 
Photography: Christine Clark Photography

 

フォトグラファーを選ぶ時のコツ7選


1.写真のスタイルを見極める

撮影サンプルを見た時、写真全体の雰囲気が、自分の好きなスタイルかどうかを確認しましょう。

夜の光を使うのが上手なカメラマン、鮮明でクリアなイメージを演出するのが上手なカメラマン、優しい光を使ってフェミニンでソフトな演出が上手なカメラマン、レトロな雰囲気でラスティックに仕上げるカメラマン、暗めのトーンでドラマチックに演出するカメラマンと、カメラマンによって演出のスタイルが様々です。

ウェディングドレスを選ぶ時に、かわいい系が良いのか、エレガント系が良いのか、クラシック系が良いのかなどと決めるように、どんなスタイルの写真が好きなのか、そのフォトグラファーが自分の好きなスタイルに長けているのかを判断しましょう。

結婚式カメラマン ウェディングフォトグラファー 写真撮影 
Photography: Chymo & More Photography

2.動きのある写真をチェックする

動きのある写真は、ロマンチックで自然と目を惹きつけられます。止まった状態でカメラ目線で撮る写真ももちろん美しいですが、動きのある写真も必ず撮ってもらいたいもの。

2人で手を繋ぎながら歩いている写真、ギュッと抱き合いながらも感情が溢れている写真、ドレスをふんわりと揺らしながらの花嫁ソロショット、というように動きや表情が演出されている写真はとても魅力的です。

フォトグラファーがそういった動きのあるショットを綺麗に撮ってくれるかどうかを判断することも、大切なポイントです。

結婚式カメラマン ウェディングフォトグラファー 写真撮影 
Photography: Hilary Chan Photography

 

3.ディテールの写真を確認する

ウェディングシューズ、ヘアアクセサリー、結婚指輪、ベール、ウェディングブーケなど、大好きな結婚式アイテムを綺麗に撮ってくれるかどうかをチェックするのも、大切なポイントです。

例えば結婚式の招待状。ただ招待状を上から撮影するのではなく、フォトグラファーが持参したアンティーク風のトレイに載せて撮ってくれたり、花屋からちょこっともらった花と一緒に撮ってくれるだけで、招待状がより素敵に写ります。

ウェディングシューズやウェディングドレスも同じです。そのフォトグラファーがどんな工夫をして、ウェディングアイテムを上手に撮り上げてくれるのか確認すると良いですよ☺

結婚式カメラマン ウェディングフォトグラファー 写真撮影 Photography: Nadia Hung Photography

4.サンプルをなるべくたくさん見る

そのフォトグラファーが以前撮った撮影サンプルは、なるべくたくさん見てみることをオススメします。冊子やウェブサイトだけでなく、Facebookやインスタグラム、ピンタレストなどのSNSに投稿している写真もチェックしてみましょう。

特にインスタグラムは、ギャラリーのように写真がずらりと欄列しており、たくさんの写真を一度に見ることが出来るので、そのフォトグラファーさんのスタイルをすぐに見極めることが出来ます。

気になるフォトグラファーさんがいる場合は、一度その方のインスタグラムをチェックしてみるといいですよ♡

結婚式カメラマン ウェディングフォトグラファー 写真撮影 
Photography: Bless Bali Photography

5.フォトグラファーさんと実際に会う

写真撮影の予約をする前に、そのフォトグラファーさんに一度直接会うことをオススメします。フォトグラファーが海外滞在で会うのが難しい場合は仕方がありませんが、その場合でもスカイプなどで直接話し出来るかどうかお願いしてみるといいですよ。

フォトグラファーさんも人間ですから、相性というものもあります。限られた時間の中で、リラックスして楽しく撮影をしてくれそうな、信頼の置けるフォトグラファーさんを選びましょう。

結婚式カメラマン ウェディングフォトグラファー 写真撮影 
Photography: Rocography

 

6.料金にあまりこだわらない

写真撮影のお値段はフォトグラファーによって様々です。高額な費用がかかる結婚式、少しでも安く撮影出来たらそれは嬉しいですよね。

でも、料金が安い場合は経験があまり無かったり、撮影してくれる枚数が少なかったり、撮影時間が少なかったりすることも。料金が高いというのは、経験と技術があり、自信を持ってサービスを提供出来るからこそです。

これは私個人的な意見になりますが、写真はその瞬間しか撮れず一生残るものですので、多少のお金をより支払うことになっても、美しい写真を手にすることが出来たら満足するはずですよ♡

結婚式カメラマン ウェディングフォトグラファー 写真撮影 
Photography: Mami Wyckoff Photograpy

 

7.指示書にこだわらない

フォトグラファーに、こういうショットを撮って欲しいという「指示書」を作るという新郎新婦もいらっしゃいます。これも私個人的な意見になりますが、プロはプロにお任せするというスタンスの方が、結果いい写真を残してもらえるのではないかと思います。

写真撮影の方法は、時間帯やその日の天候、撮る場所により変わってくるもの。また、カップルによってどんなポーズがベストなのかや、ドレスによってどんな光加減が良いのかなど、たくさんの知識と技術が必要です。

この場所でこのポーズを撮って欲しい、というどうしても叶えたい要望を伝える事は大切だと思いますが、フォトグラファーを信頼してお任せする、という方がより信頼関係が出来て撮影が楽しくスムーズに行くはずです。

「指示書」作成に時間を費やすのではなく、自分の理想を叶えてくれるような信頼出来るフォトグラファー探しに、貴重な時間を費やすことをオススメします☺

結婚式カメラマン ウェディングフォトグラファー 写真撮影 
Photography: atelier marugo

 

どのフォトグラファーが良いのか分からない時。。


どのフォトグラファーさんに頼んだら良いのか分からない場合は、インスタグラムを活用すると便利です。

インスタグラムで、「 #ウェデイングフォトグラファー」、「#結婚式カメラマン」 などのハッシュタグを使って検索してみると、結婚式を専門に写真撮影しているフォトグラファー(カメラマン)の投稿写真をたくさん見ることが出来ます。

インスタグラムで気になる写真を見つけた場合は、その写真を撮ったカメラマンのアカウントに行き、他に撮影した写真を簡単にチェックすることが出来ます。また、そこからDM(ダイレクトメール)でフォトグラファーに直接連絡したり、プロフィールに記載してある連絡先にコンタクトすることが出来ます。

結婚式カメラマン ウェディングフォトグラファー 写真撮影 
Photography: Umore Wedding

気を付けておきたいことは、ウェディングフォトをたくさん撮影しているフォトグラファーを選ぶことです。自然や建築物、人物像を美しく撮るフォトグラファーがみな、結婚式やロケーションフォトをロマンチックにふんわりと撮影出来る、という訳ではないからです。

結婚式カメラマン ウェディングフォトグラファー 写真撮影 
Photography: Kay Salera Photography

また、すでに結婚式を挙げた友人に聞いてみるのも有力な方法です。ただその時、一人のお友達に聞くのではなく、複数の友人から情報を得て、どのフォトグラファーが自分たちに合っているのか比較してみることが大切なポイントです。

Story My Wedding (ストーリー マイ ウェディング)のインスタグラムにも、才能あるフォトグラファーが撮影した素敵な写真をたくさん投稿していますので、こちらもチェックしてみて下さいね!

 

 

この記事が気に入ったら
Like お願いします♡

フォローする|Follow on Twitter
No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>