ブライズメイドドレスを選ぶときの、3つのコツ。

結婚式の日取りと会場が決まり、ご自身の結婚式でブライズメイドを取り入れたいと決められた方。
次のステップは、ブライズメイドドレス選びですね。

ここでは、あなたのウェディングにピッタリなブライズメイドのドレス選び3つのポイント、についてお伝えしたいと思います。

大まかまイメージができたら、ブライズメイドと一緒にドレス店に行ったり、オンラインショップで、ブライズメイドドレスを決めましょう!

 

1. ドレスのスタイルを決めましょう。


ブライズメイドドレスにもロング丈、膝丈、ミニ、ノースリーブ、長袖、オフショルダーなど種類は豊富です。自分の好きなスタイルを探してみましょう!

1) ロング丈

ワンランク上のエレガントな、美しいウェディングをイメージされている方にピッタリです!

あまり重みを出したくない方は、素材をシフォンにすると、サラサラとした軽さが動くたびに揺れて、エレガントで優しい上品なルックになりますよ。

 

ブライズメイドドレスを選ぶときの、3つのコツ。Story My Wedding

 

2) 膝丈&ミニ

キュートで、爽快感のあるウェディングをイメージされている方にお勧めです。

色を統一して、トップのスタイルが違うドレスを選んだり、ドレスのスタイルを一緒にして、色を少しずつ変えたり。

スカートに動きがあるので、デイウェディング(お昼のウェディング) に最適です!

 

ブライズメイドドレスを選ぶときの、3つのコツ。Story My Wedding

 

2. ドレスの色を決めましょう。


ドレスの色選びは、大きな決断の一つです。

どんな色にしようかな、、、と悩まれる方も多いと思います。

ここでは、色選びのコツについて、下にまとめました。

 

1)ウェディングのテーマカラーが決まっている

あなたのウェディングテーマカラーと統一したものをぜひ選んでみてください。

ウェディング全体に統一感が出て、とても素敵になります。

 

2) 季節に合った色選び

季節に合った色選びも、素敵ウェディングを作る上で、重要なポイントといえます。

以下に、季節ごとに似合う色をまとめてみました。

 

〈 春 〉  ブラッシュ(薄いピンク)、ピンク、ピーチ、コーラル、薄いイエローなど、温かみのあるキレイ色

〈 初夏 〉 紫陽花色のパレットは素敵です。薄いブルー、ラベンダー、薄いグレーなど、清涼感があり品のある色

〈 夏 〉 オフホワイト、ライムグリーン、アクアブルー、ターコイズなど、爽快感があり青空の下で映える色

〈 秋 〉 イエロー、レッド、ブラウン、グレーなど、落ち着いた深みのある色

〈 冬 〉 ネイビーブルー、ゴールド、エメラルドグリーン、ワインレッド、リッチで重みのある色

 

3) アメリカで最近人気の色合わせ

ブライズメイドのドレスの色は、全員が同じ色に統一するのが主流です。

しかし、ここアメリカでは、パステルカラー、薄いメタリックカラー、ヌードカラーを使い、全員が少しずつ違う色を着る、というのが人気になっています。

メタリックカラーやヌードカラーは、シックで上品があり個人的にはとても好きな色です。

ブライズメイドドレスを選ぶときの、3つのコツ。Story My Wedding

出典:Style me pretty

ブライズメイドドレスを選ぶときの、3つのコツ。Story My Wedding          

出典:Southern wedding magazine

 

4) ホワイト

以前は、ゲストはホワイトは避けましょう、という傾向がありました。

ブライズ(花嫁)と重なってしまうからですね。

でもホワイトのブライズメイドドレスもキュートで、実際に取り入れられています。

特にホワイトのレース生地は、清楚ながらもカジュアルさが入って、アンティークやビンテージウエディングにピッタリです。

ブライズドレスとの違いを際立てる工夫として、ドレスを膝丈にしたり、素材(レース、サテン、シフォンなど)を少し変えるといいですね。

ブライズメイドドレスを選ぶときの、3つのコツ。Story My Wedding

出典:Style me pretty

 

3. ドレスの素材を決めましょう。


ドレスの素材によっても、ウェディングの雰囲気が変わってきます。

ここでは、5つの素材に注目しました。

 

1) シフォン

一番の人気素材。軽さがあるので、エレガントで優しい雰囲気を作ってくれます。ロング丈にはぜひお勧めです!

 

2) チュール

シフォン同様軽さの出る素材です。ブライドのドレスがチュール素材の場合、ブライズメイドのドレスもお揃いにすると、とってもキュートです。

 

3) サテン

光沢感や重みがあり、シックでエレガントなウエディングに最適です。

 

4) レース

レース素材もとっても素敵。アンティークやビンテージなウエディングには絶対にお勧めです。

 

5) 2トーンカラー

トップとスカートの色が違い、2色使いのドレスです。よりオリジナリティーや斬新なスタイルが欲しい方には、ぜひ取り入れて欲しいスタイルです。

 

4. あなたのテーマに合ったブライズメイドドレスを選んで下さいね!


ご自身のドレスが決まり、ウエディングのカラーやテーマが決まってきたら、ブライズメイドとドレス選びをしましょう。

ウェディングのテーマや季節に合った色とスタイルは、全ての空間を統一させ、ゲストにも居心地のいい場所を提供できます。

ご自身の結婚式にビッタリくる、ブライズメイドドレスを見つけて下さい!

他の記事で、今アメリカで人気のブライズメイドドレスベスト10をまとめていますので、ぜひそちらも参考になさって下さい。

 

この記事が気に入ったら
Like お願いします♡

フォローする|Follow on Twitter
No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>