時代遅れ?じゃない、スタイリッシュなウエディングにする10のコツ

ウエディングは一生に一度の大きなパーティー。雑誌に出てくるようなスタイリッシュなウエディングにしたい!と思うのは当然です。

でも花嫁さんは会場選びから招待状作り、、とにかく当日までやる事が山のようにたくさん!

頑張ったのに、ちょっとこれは時代遅れじゃない?なんてゲストに言われてしまうのは絶対に悲しいですよね。

今回の記事では、海外に住んでいるからこそ見える避けたい事や、ウエディングをスタイリッシュにする10つのコツをまとめました。

誰もが憧れてしまうようなセンスに溢れるウエディングになりますように。。!

1.花のヘアピースはシンプルに


雑誌で見かける大きな花で一杯の花冠やヘアピースはボリュームがあって可愛いですよね♪

でもこれはウエディングでは避けたい一つです。

モデルのように顔が小さく長身の方はバランスがとれますが、小花やグリーンを使ったり、大きな花を一箇所だけに飾った方が全体のバランスがよく見え、花嫁さん自身を綺麗に見せてくれます。

花嫁さんの顔よりも花のインパクトが勝ってしまってはせっかくの素敵なヘアメイクも台無しです。

時代遅れ?じゃない、スタイリッシュなウエディングにする10のコツ

出典:Style me pretty

2.ブートニアは小さくシンプルに


大きな薔薇にたくさんのアクセントの花を使ったブートニアはまだまだよく見かけます。

さらに大きな硬い生地のリボンボウが付いているのは時代を感じてしまいます。

大きいブートニアは新郎が動くたびに横にずれてしまったり、全体的に重く感じてしまうので、花屋さんにはぜひ小さめの花でリボンはシンプルにお洒落に作ってもらいましょう!

時代遅れ?じゃない、スタイリッシュなウエディングにする10のコツ

出典:Brides

3.ブーケホルダーのブーケは時代遅れ?


ブーケホルダーは花が常に水分を補給出来る状態ですし、キャスケードなど様々な形のブーケを作ることが容易なので花屋さんにとって作りやすい方法です。

ただ花に動きがなかったり、茎が見えないのでナチュラル感に欠けてしまいます。

昔からずっと使われてきたブーケホルダーですが、スタイリッシュなブーケはやっぱり自然に花を束ねたハンドタイドのブーケです!

時代遅れ?じゃない、スタイリッシュなウエディングにする10のコツ

 

4.大きなリボンボウのついたウエディングブーケも。。


高品質の花で綺麗なブーケも、昔ながらの大きなリボンボウが付いているだけで時代遅れを感じてしまいます。

モダンなブーケならシンプルにボウなしでラップしたり、ガーデンチックなブーケならナチュラルで柔らかいオーガニック素材のリボンで流れるように垂らすと、素敵なウエディングドレスに自然とマッチします。

せっかく運命のドレスを見つけても、ブライズブーケの大きなリボンがアンバランス、、なんてことにならないようにしたいですね♪

時代遅れ?じゃない、スタイリッシュなウエディングにする10のコツ

出典:Style me pretty

5.ゲストブックは芳名帳に記入?


結婚式に着ていただいたゲストに住所やメッセージなど書き込んでもらう芳名帳。素敵なハードカバーのゲストブックに記入してもらっても、結婚式後は棚にしまいっぱなし。。

海外では芳名帳に書き込んでもらうのではなく、二人の写真や好きなフレームフォトにメッセージを書き込んてもらったり、お洒落な地球儀にメッセージを書き込んでもらったり、たくさん可愛いゲストブックアイテムがあります!

そんなゲストブックだったら、結婚式後は部屋に飾って素敵なインテリアになりますし、見るたびに素敵な思い出に浸ることができますよね♡

時代遅れ?じゃない、スタイリッシュなウエディングにする10のコツ

時代遅れ?じゃない、スタイリッシュなウエディングにする10のコツ

 

6.ウエディングドレスのお色直しは何回?


結婚式は、日頃お世話になっている方々や親しくしてくれている友人たちに感謝をしつつ、結婚することを報告する場です。

夢の結婚式、せっかくだからたくさんドレスを着たい!というのはよく分かるのですが、結婚式の時間は数時間と限られています。

新婦のお着替えの時間が長くて、せっかくお祝いに来たのに新婦と話ができなかった、、なんて声も。

それに複数のドレスのレンタル代もかなりの金額です。せっかくならちょっと手の届かないような夢のようなドレス一着に投資して、それを長く楽しむというチョイスもありなのでは?!

通常レンタル代は、購入値段の半額になります。2着レンタルするなら1着のドレスを購入できますし、多くのデザイナーが2Way ドレス(トレーンやスカートのチュールがはずれるタイプ)を発表しているのでそれを利用するのも素敵です♡

またショルダーオフのドレスならお洒落なケープやボレロを購入して、挙式で着用し披露宴で取り外せば、それだけで雰囲気もガラリと変わります。そしてお呼ばれパーティーなどにも使い回しできます^^

Reem Acra リーム・アクラの2017年秋冬ブライダルコレクション

出典:Brides

 

7.ブライズシューズはレンタル?購入?


今でこそ購入派も多くなってきたブライズシューズ。昔はほとんどの花嫁さまがドレス店で一緒にレンタルしていました。

結婚式はほんの一瞬で終わってしまうし、靴なんてドレスでほとんど見えないから、そのほうが都合がいいですよね。

でもやっぱりスタイリッシュな花嫁さんには、靴にもこだわって欲しいです!

淡いピンクや水色、シルバーやゴールドなどご自身のウエディングテーマに合ったシューズはやっぱりお洒落♡

今後も使えそうな可愛い素敵な靴なら、結婚式だけで終わることなく長く愛用できます。

せっかくレンタル代を出すならもう少し上乗せして、ぜひあなただけのシューズで足元もスタイリッシュにしちゃいましょう!

時代遅れ?じゃない、スタイリッシュなウエディングにする10のコツ

 

8.ウエディングケーキは自分色に♡


ウエディングケーキにも流行があります。こちらでは、ネイキッドケーキ、ドリップケーキ、ジオードケーキ、チョークボードケーキなどお洒落なケーキがたくさんあります!

ウエディングケーキは自分たちのオリジナリティを象徴するアイテムになります。

ご自身のウエディングテーマとカラーに合わせて自分色のウエディングケーキをデザインしましょう♡

時代遅れ?じゃない、スタイリッシュなウエディングにする10のコツ

 

9.自分が気に入った業者を利用しましょう!


もしあなたが人とは違うオリジナルなウエディングをしたい!と思っているのなら、自分が気に入った業者を利用するのが一番いい方法です。

業者というのは、フォトグラファー、フローリスト、ケーキ、ヘアメイク、ドレスストア、バンドなどです。

今の日本のシステムはまだまだ式場を契約すると、その式場が提携した業者しか利用出来なかったり、高い手数料がかかります。

高い手数料を払うのなら、式場と提携している業者を利用してしまいますよね。でもやはり同じ業者が作製するデザインは基本的に一緒になってしまうので、オリジナリティに欠けてしまいます。

日本中には、トレンドに敏感で才能溢れた業者がたくさんいます。ぜひ式場と契約する前に、業者を外部から持ち込めるのか確認したり、もしくは交渉されることをオススメします。

 

10.ウエディングプランナーにお願いしてみて。


式場に専属のウエディングプランナーはもちろんいらっしゃいますが、外部のウエディングプランナーを利用するのはオススメです。

ウエディングプランナーに支払う分高くなってしまう、、と思うかもしれませんが、以外と逆に節約することが出来るのです。

敏腕なウエディングプランナーは知識と経験が豊富。お客様の予算と金額に合ったものを必死で見つけてきてくれます。

それに披露宴の内容やデザインもよりオリジナリティ溢れるものを提案してくれますし、当日のケアも手厚いですよ。

 

この記事が気に入ったら
Like お願いします♡

フォローする|Follow on Twitter
No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>