究極に美しいウエディングドレス「プロノビアス」2018年プレビューコレクション

世界をリードし続ける一流のウエディングドレスブランド「Pronovias プロノビアス」。

スペイン・バルセロナを拠点とするプロノビアスは、日本では東京青山にドレス店を構えています。

最高級ウエディングドレスとして海外・日本で多くのセレブに愛されるプロノビアスは、先月アメリカニューヨークにて、2018年 Atelier Pronovias プレビューコレクションを発表しました!

プロノビアスのレース使いの美しさはもちろん、大きく入ったVネックラインやスカートのスリット、メタリックやゴールドのタッチ、そして輝くビジューのディテールは、まさにラグジュアリードレスそのもの。

特にバックスタイルの豪華さには、ただただ見惚れてしまいます。プロノビアスのウエディングドレスを着れば、世界中の花嫁が最高に美しくなれてしまう、そんなマジックがこのドレスにはあります!

 

バックスタイルで魅せるプロノビアス2018コレクション


1.RANISA

サイドに入った深いスリットとVネックがセクシーで、バックで魅せるフラワーアップリケがロマンチックな総レースのマーメイドドレス。

究極に美しいウエディングドレス「プロノビアス」2018年プレビューコレクション

出典:Pronovias.com/blogPronovias.com

 

2.RAMIR

輝きを放つビジューやクリスタルをふんだんにあしらったハンドメイドのディテールと、ボティーラインに吸い付くように流れ落ちるシルクのスカートが究極に美しいマーメイドドレス。

究極に美しいウエディングドレス「プロノビアス」2018年プレビューコレクション

出典:Pronovias.com/blogPronovias.com

 

3.RACHEL

ヒップラインの下まで続くボタンと、バック一面を覆うレースがとっても綺麗。フロントとバックで2面の異なるデザインを楽しめるウエディングドレス。

究極に美しいウエディングドレス「プロノビアス」2018年プレビューコレクション

出典:Pronovias.com/blogPronovias.com

 

4.RAFIA

バルコネットネックラインやビジューのストラップがシンプルでエレガントなスタイルのフロント。それに対し、深く大きく開いたバックはセクシーで豪華。驚きのバックスタイルを見たら、きっと誰もがその美しさに息を飲んでしまうはず♡

究極に美しいウエディングドレス「プロノビアス」2018年プレビューコレクション

出典:Pronovias.com/blogPronovias.com

 

5.RANDA

胸元とバックのフラワーアップリケのディテールが、とってもロマンチックでセクシーなデザイン。

究極に美しいウエディングドレス「プロノビアス」2018年プレビューコレクション

出典:Pronovias.com/blogPronovias.com

 

6.RABEL

肩幅が広い花嫁さまだからこそ美しく着れるワンショルダーのウエディングドレス。シンプルなデザインは、より美しい花嫁さまのボディーラインを浮き出してくれます。

究極に美しいウエディングドレス「プロノビアス」2018年プレビューコレクション

出典:Pronovias.com/blogPronovias.com

 

7.RADLEY

クラッシィ、セクシー、ラグジュアリーを目指す花嫁さまにぴったりのウエディングドレス。フロントは、清楚で上品な長袖スタイルに対し、大きく開いたドレープとビジューのディテールが高級感と華やかさを演出してくれます♡

究極に美しいウエディングドレス「プロノビアス」2018年プレビューコレクション

出典:Pronovias.com/blogPronovias.com

 

8.RAFINA

エンパイアラインのデザインにAラインのスカートとトレーンが加わった、クラシックなスタイルのウエディングドレス。大きく開いたバックスタイルが素敵。

究極に美しいウエディングドレス「プロノビアス」2018年プレビューコレクション

出典:Pronovias.com/blogPronovias.com

 

この記事が気に入ったら
Like お願いします♡

フォローする|Follow on Twitter
No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>