結婚式の花の予算はいくら?費用を安くする8つの節約術

自分の大好きな花を手にして、柔らかい光の中、大好きな人へと続くバージンロードをゆっくりと歩み進んでいく、、夢が叶う瞬間です。

一生に一度の特別な花嫁のブーケ。そして結婚式をよりロマンティックに、華やかにしてくれる花装飾。

花には、人を感動させ会場を盛り上げてくれる偉大な魔法があります。

私はアメリカのウエディングフラワーデザイナーでもありますので、毎回ブーケを作るときは、ブライズがバージンロードを歩く姿を想像しながら感動しています!


さてみなさんは、花装飾にどれくらいの費用がかかるかご存知ですか?

ゲストの人数や、テーブルの大きさ、ブーケの数にもよりますが、約12テーブル(6人テーブルなら約70人のゲスト、10人テーブルなら約120人のゲスト)で合計額20万前後が一般的になります。

アメリカでも日本でも相場はほぼ同じだと感じます。

ただアメリカと日本の結婚式の花は、お金のかける場所が少し違っています。

 

日本とアメリカの結婚式花装飾の違い


まずアメリカで一番花の費用を占めているのが、ゲストテーブルの花です。

アメリカでは夫婦、家族、カップルで出席するので、単純にゲストの数が日本の倍になり、テーブル数も多くなるからです。

一方日本の花装飾で金額が大きいと感じるのは、花嫁のブーケ、新郎新婦の壇上の花、ブートニアやヘアピースです。

花嫁のブーケは一つ約3万円前後と高額です。でもこれには理由があります。

花嫁のブーケは完璧に仕上げるよう、傷がなく高品質の花のみをたくさんの本数の中から厳選して選び、ガーデンローズや芍薬や欄など高価な花を使うので材料代も高くなります。

またブーケをカラードレスや着物に合わせて2つ作ったり、前撮りやブーケトス用にとさらにオーダーするので値段が重みます。

新郎新婦の壇上の花も、見栄えを良く写真を撮った時にも映えるよう豪華に装飾されます。

しかし、アメリカでは花嫁のブーケは通常一つのみ、そして壇上の花は自分のブーケやブライズメイドのブーケをベースに入れて飾るのみ、または小さいアレンジメント一つのみというのが通常です。

結婚式の花で少しでもお金を安くすませたい!という方に、8つの節約術をまとめましたので、ぜひ参考になさってみてください^^

 

結婚式装花の費用を安くする8つの節約術


1.新郎新婦の壇上の花を小さくする

新郎新婦の壇上の花は約3万円前後のようです。もちろん友人達と写真を取るときに写真映えしますし、目立つところにあるので豪華な装飾は目を引きます。

しかし、新婦のブーケを飾ったり、もしブライスメイドがいる場合はブライズメイドのブーケも一緒に飾ることができるので、小さいアレンジメントでも十分です。

アメリカでは、通常新郎新婦のテーブルは二人用の小さいテーブルで、自分たちのテーブルの花は小さいアレンジメントか、自分のブーケを置いたりしています。

もし小さいアレンジメントでもいいと思われたら、これだけで数万円は節約できます!

結婚式装花の費用を安くする8つの節約術, 新郎新婦の高砂

出典:http://www.mywedding.com/

 

2.ブーケの数を少なくする、又は自分で作る

ブーケの数は、多ければ3つオーダーするのが定番だと思います。一つは白ドレス用、2つ目は色ドレス又は着物用、3つ目は前撮り用またはブーケトス用です。

先程も述べたように、ブーケは花を厳選して作るので値段も高くなります。

でもブーケの数を少なくすることで、必然的に節約できます。式を通して同じブーケを使ったり、またはお着替え後の再登場の際にはブーケを持たなくてもいいのです。

もし花を作るのが好きな方は、ブーケトスや前撮り、お着替え後のブーケを簡単なラウンドのブーケをご自身で作ってみてはいかがでしょうか!?

花屋で材料を前もって注文し、バラのみ、チューリップのみ、紫陽花のみなど1種類か2種類にしぼって花束のように束ねれば、素敵なブーケになります。

結婚式の前日に、ブーケホルダーを使わずにただ手で花束のように束ね、茎を適当な長さに切って少し水を入れた花瓶に入れておけばいいのです。

バラなら20本購入すれば、大きなサイズの豪華なブーケになりますよ!

冷蔵庫に入れなくても、家の中の日の当たらない場所に置いておけば大丈夫です。

ブーケの数を少なくする、自分で簡単なブーケを作ることでここでも数万円は節約できます!

結婚式装花の費用を安くする8つの節約術, ブーケ

 

3.ブートニアを自分で作る

まだ日本で大きなブートニアを付けられている新郎をよく見かけますが、こちらでは小さいブートニアを希望する新郎がほとんどです。

小さく、ユニークな多肉植物やローズマリーなどのハーブをアクセントにしたり、オシャレなリボンを使ったり、またはワイヤーを一切使わずにただリボンで束ねただけのものだったり。

もしドライでも色が変わらない花やグリーン、水持ちのいい花はワイヤーやフローラルテープを使わなくても、前日に材料を一つに束ねて希望の長さに切るだけでいいのです。

使う前まで茎下を水にちょこっと漬けておけば、式の間は十分にもちます。とても簡単にできます!バラも大丈夫ですよ。

これで、数千円は節約できます^^

結婚式装花の費用を安くする8つの節約術, ブートニア

出典:https://jensblossoms.wordpress.com/

 

4.ケーキ用やヘアピースの花は、地元の花屋で自分で購入する

ケーキ用やヘアピースの生花は、地元のお花屋さんで購入するのが一番リーズナブルです。

ご自身で何もする必要はなく、ケーキ屋さんやヘアスタイリストさんが生花を切ってアレンジしてくれるので、ただケーキ屋さんに花を届けたり、当日のヘアスタイルのときに花を持っていくだけで大丈夫です。

結婚式装花の費用を安くする8つの節約術, ヘア飾り

出典:http://www.deerpearlflowers.com/

 

5.キャンドルをたくさん使う

キャンドルを使えるかどうかは式場にもよるのですが、キャンドルの効果は予想以上です。

日中でも夜でも、キャンドルを使うことで会場の雰囲気をロマンティックにしてくれます。

テーブルの花が小さめでもキャンドルを各テーブルに5つ程置くことで、テーブルが賑やかになり、かつ雰囲気も良くなるので効果大です!

楽天やアマゾンなどインターネットで大量購入すれば、かなりお安く手に入ります。

新郎新婦の壇上にたくさんのキャンドルを置くのも素敵です。

結婚式装花の費用を安くする8つの節約術, ゲストテーブルのキャンドル

 

6.テーブル装花をカジュアルにする

テーブル装花は数が多いので、単品のフラワーアレンジの価格次第で合計金額にかなりの差が生じます。

もしウエディングがレストランやガーデンウエディングなど、カジュアルやビンテージスタイルの場合、下の写真のようなアレンジメントはリーズナブルでキュートです!

ブライズが日頃から集めた空き瓶を花瓶として使用し、また木のプレートとテーブルナンバーはブライズのお父様が作られました。

それぞれの花瓶には数本しか花が入っていませんが、3つ背の高さの違う花瓶を使うことでとっても可愛く動きのあるアレンジになります^^

結婚式装花の費用を安くする8つの節約術, ゲストテーブルの装花

 

7.自分で予算を事前に決めて、花屋との打ち合わせの際にその予算内でやってもらう

花屋との打ち合わせの際に、しっかりと自分の予算は◯◯万円です!と最初に伝えるのは効果的です。

花屋はその予算内でできるだけ見積もってくれますし、予算内で出来るものと出来ないものを教えてくれます。

予算がないと、これはいかがですか?こんな感じでどうでしょうか?と素敵なデザインをお花屋さんは勧めてくれるので、値段も上がってしまいます。

また雑誌やオンラインで自分の気に入ったデザインや色があったら、それを打ち合わせの際に持参して花屋に見せてあげて下さい。

事前に予算を決め、打ち合わせの際には予算と自分の好みのデザインをしっかりと伝えましょう。

そして大切なことは、予算内に収めるには多少の妥協も必要です!

 

8.式場と契約する前に持ち込みが可能かきちんと確認する、又は交渉する

式場と提携している花屋は、地元の花屋と比べると価格が高くなります。

それは花屋は売上の中から、式場に手数料を支払わなければならないからです。

地元の好きな花屋で注文した方が絶対に価格が良心的ですし、何件か花屋を訪れて見積もりを出してもらうと、よりリーズナブルな価格を提案してもらえる花屋が見つかるかもしれません。

日本の式場の難しい点は、高い「持ち込み料」を取るというところです。または持ち込み一切禁止という式場もあります。

しかしながら、持ち込み料を取るといいながらも、契約前に持ち込み料について交渉すれば、支払わなくてすんだという例があるようです。

式場も契約を取りたいのですから、多少のお客様の要望や値下げ交渉に応じてくれるようです。

ただ、必ず契約前に交渉しましょう!

 

まとめ


上記のやり方で、花の予算を5万円下げることは可能です。

自分の予算を決め、好きな花のデザイン、色のテーマ、何が必要かを打ち合わせの前にしっかりと決めておくことが肝心です。

そして式場と契約前に、花の持ち込みが可能かどうか確認し、可能な場合は地元の花屋さんに相談するといいと思います。

今後、簡単なブーケやブートニアの作り方を、他の記事で紹介していきたいと思います!

この記事がみなさんの参考になったらとても光栄です^^

 

この記事が気に入ったら
Like お願いします♡

フォローする|Follow on Twitter
No Comments Yet

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>